安価なインプラントの危険性。東京都下(町田、立川、八王子、青梅市、日野、昭島市)や区内(世田谷、杉並区)、神奈川(横浜、相模原)からも通いやすいインプラント歯科

IMPLANT CENTER HACHIOJI 歯科のインプラントセンター・八王子/きぬた歯科 /東京 横浜 埼玉県 町田 立川 相模原

TEL:042-664-8241
受付時間
平日:9時~20時/土曜日:10時~17時

危険な国産10万円インプラント

インプラント東京 HOME > 危険な国産10万円インプラント

危険な国産10万円インプラント

歯科医院を取り巻く環境が、年々厳しさを増してきたからでしょうか。
手っ取り早く集客する手段として、「国産10万円インプラント」を導入する歯科医院が増えています。これは上に乗せる歯を含めて、「1本あたり10~28万円」というインプラントです。果たして、このようなインプラントは安全、そして本当に激安なのでしょうか?

かつて10数年前にある有名国産メーカーが、販売したインプラントで悲惨な結果を招いたことは、歯科医師ならば誰もが知っている事実です。現在でも、その後遺症に悩まされている患者さんもいます。
その教訓から多くの歯科医院で、圧倒的な臨床実績を誇る海外製インプラントが使われています。
この1本あたり10~28万円の国産インプラントが、本当に問題ないものなのか、それとも以前のように、悲惨なトラブルを引き起すのか、 明らかになるのは、あと20年くらい先でしょうか。その結果を証明するのは、「国産10万円インプラント」で治療を受けた患者さんです。言わば、実験台と言っても過言ではないでしょう。

インプラントには適正価格があります。

価格破壊をすると意気込んでいる職種のほとんどに、ほころびが出てきます。
通常1000円前後するユッケを280円で提供し、4名の死亡者、24名の重症者を出した焼肉店、失明者まで引き起こした激安の近視矯正手術のレーシック医院、 1本15万円の使い回しインプラントなど。
インプラントは体の中に入れるものです。
取り返しの付かない結果になる前に、慎重に検討なさって下さい。

その1

手に負えなくなり大学病院に依頼したケース

この患者さんは、都内の○○病院で激安国産インプラントによる治療を受けてしまいました。
治療後、左鼻から膿が出るようになり、その旨を○○病院に訴えると、A大学病院の耳鼻咽喉科を紹介されました。

A大学病院は埋入したインプラントに原因があると診断、撤去の検討をすすめました(①)。
しかし、○○病院の担当医は撤去手術にリスクがともなうことから、今度はB大学病院の耳鼻咽喉科に依頼(②)。
その後、B大学病院において撤去手術が行われることになりました(③、④)。
この間、患者さん本人が不安にかられ、紹介を受けて当医院に来院、アドバイスを求められました。

①診断情報提供者

○○病院 歯科口腔外科 Y先生へ

ご紹介いただいた左上顎洞炎の患者様です。
鼻処置を含め当医院でフォローしておりましたが、改善乏しく、やはりインプラント埋入に因果関係があると考えられます。インプラント周囲炎も認められ、当方口腔外科にも相談しましたが、改善しなければインプラント撤去が必要とのことでした。
申し訳ありませんが、インプラントの抜去をご検討いただけますでしょうか?
よろしくお願いします。
平成22年10月5日 A大学病院耳鼻咽喉科 Wより

②診断情報提供者(紹介状)

B大学病院 耳鼻咽喉科 C先生へ

先日の学会では貴重な特別公演ありがとうございました。
今回ご紹介する方は、当科で左上顎ソケットリフト法を用いて、▲▲▲のインプラントを3本植立した患者様です。術後、洞内の炎症症状が残存し、マクロライド長期内服を行いましたが、改善がみられません。早期にはインプラントの除去を考えましたが、除去することの外科的侵襲が逆に洞内の炎症症状が残存していることによる洞内口腔内瘻孔をきたすリスクがあったため、行っておりません。洞内の炎症症状を先生が行われている手術方法で改善されればと考えております。
ご高診の程よろしくお願いいたします。
平成22年10月13日 ○○病院 歯科口腔外科 Yより

③紹介患者診療結果報告書

○○病院 歯科口腔外科 Y先生へ

ご紹介ありがとうございました。
左側に上顎洞炎が認められます。内視鏡下、後鼻漏も認められます。当院口腔外科のK先生がコンサルトし、治療方針を決めていただきます。
当科的治療としては、上顎洞開放術が必要ですが、鼻中隔湾曲が高度ではないので、この手術そのものは局部麻酔で可能かもしれません。
瘻孔となったインプラントの処理につきましては、K先生とご相談させていただきます。
平成22年10月15日 B大学病院 耳鼻咽喉科 Cより

④紹介患者診療結果報告書

○○病院 歯科口腔外科 Y先生

来年X月X日、K先生と一緒に手術を行うことになりました。
当科では鼻内から上顎洞(他の副鼻腔も含む)開放術を行い、口腔外科ではラテラルウィンドウを開けてインプラントの上顎洞突出部を確認します。
K先生のお話では、突出部を研磨しアパタイトコーティングの部分を除去するだけでいい場合もありますが、インプラント抜去の可能性もあるとのことです。
抜去する際には、インプラントを埋入されたY先生のご了解が必要になります。一度、Y先生からK先生に直接ご連絡いただき、ご相談くださいますようお願い申し上げます。
平成22年10月22日 B大学病院 耳鼻咽喉科 Cより

その2

1カ月で脱離および破折

インプラントは95%以上が半永久的にもつといわれています。
にもかかわらず、埋入された8本のうち5本が1カ月以内に脱離、2本が破折していました。

偽インプラントで料金トラブルに発展したケース

まだ歴史の浅い国産インプラントを使っているにもかかわらず、「実績のあるインプラント」と偽って、高額の治療費を請求するケースも後を絶ちません。
写真(左)は、千葉県内の某歯科医院で使用されていたインプラント。
ブローネマルクのシステムに似た形状ですが、よく見るとネックの部分が微妙に違います。ところが、この医院はブローネマルクと偽って2本で100万円の治療費を請求。
治療後、この患者さんが上部構造(上の歯)の不具合を訴えて当医院に来院したことから偽りの治療だったことが発覚しました。現在、係争中です。

その3

”使い回し”する医院まで登場

2009年11月20号に掲載されています2010年1月29日愛知県豊橋市にある歯科医院で「インプラントの使い回し疑惑」が浮上。週刊朝日が複数回にわたって、この事件を報じました。

※同誌より意見を求められ、当医院は「インプラントのリスク面を説明しない歯科医院では、治療は受けない方がよいでしょう」とのコメントを寄せました。

2009年11月20日号に掲載されています。

撤去した国産10万円インプラント

このページのトップへ


歯科 インプラントセンター・八王子/きぬた歯科 /東京 町田 埼玉県 立川 相模原 山梨